読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インフルエンザでなきゃ恋

常に斜め上を行く自分を想定しながら斜め下に行く闇

あんステライビュ行ってきました。

1/29(日)梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
あんさんぶるスターズ!オン・ステージ〜Take your marks!〜 Lvで観てきました。
 
 
メモ
・ペンライト持っていかなくてごめんなさい
・良いことだけ書いてあるとは言わない



あらすじ

ドリフェスに勝利し勢いをつけた新進気鋭ユニット、
Trickstar につきつけられたのは、
生徒会長“皇帝”からの解散命令―――。

夢ノ咲学院を改革すべく、鮮烈なパフォーマンスで紅月に勝利した Trickstar。
まだ余韻の残る中、“皇帝”として学院に君臨する生徒会長・英智より、突然のユニット解散命令が言い渡される。ドリフェスでのパフォーマンスを高く評価した英智は、それぞれの才能を活かすために、別のユニットへの移籍を提案する。
解散など考えられないと憤るスバルたち。しかし、そんなスバルの強い想いとは裏腹に、彼らを取り巻く状況は変わっていく。

ユニット分裂の危機の中、悩み、迷いながらもたった一人でステージへ立つことを決めたスバル。 Trickstar それぞれの、葛藤と戦いが始まる―――。

公式より引用
www.marv.jp

どう転んでも闇である。


はじめに

検索したらファンサの内容が渦のように流れてくるでお馴染みあんステ。遡れども遡れども脚本の感想はなかった。だからどうしてもムックさんが書かれているものがこの目で見たくて…珍しく地元がライビュやってたんで物見遊山気分で最後列のチケット取っていきました(クソ田舎だから映画館行けば座席表見せてくれて席選べたよ!)
16:30開場で16:50くらいに到着。私がチケット取った時よりは座ってる人は増えてました。言うて、前日のお昼に取ったんですが。席に着くと一番後ろだったのでまあ、皆さんの様子が見えるんですがペンライトしっかり装備してうちわも持ってすっごい楽しそうで「あぁ、好きな人が観に来てるんだなぁ」と微笑ましい気持ちになりました。案の定気を抜いていたので私はノーペンラ。本当にすまなかった。

感想には個人的にモヤモヤした事も書いていくので(念のため区切りますが)ご気分害されそうな方はスルー推奨でお願いします。


感想

始まって5分位で全てを察した。
そして思った。脚本はしっかりと沿ったまま書かれている、と。正直それ以上でもそれ以下でもなかった。ただ、キャラをしっかり深掘りしてくれるムックさんならではの脚本なのかなーって…思いながらもやっぱこれは2.5なんだよな…と少し満足できなかった自分が居ました。でもなんかこう、キャラクターの愛おしい所をしっかり描いてくれてる感がありました。神よ…。

一応ゲームはやってるのでキャラも一通り分かるし俳優さん達が寄せて行ってるのを見ながらすごいなぁ…ってなりながら観てました。
ムックムックで拝見した時は自信が無さそうだった佐伯くんがキラッキラの千秋になっていて、舞台の魔法は凄いなぁ…と思ったり、姫君が可愛すぎてしんどい。しんどいぞ。ってなったり。
ぷかちゃん(石井くん)とか声とか動きがすっごいぷかちゃんで「おぉ…」ってなりました!!忍ちゃんの深澤くんはベリベリキュートでぴょんぴょこしててアイドルか何かか…あ、アイドルだったわ。ってなってました。前山様はハートのクイーンかなにかかなって感じの英智さまでしたね…覇王度が増してて冷たそうに優しい笑顔で…こう、前山くん大人になったな…ってしみじみ。小南くんの零くんは美しかったです…。蓮巳くんが女王様にしか見えませんでした。双子ちゃん声かわいい。

あと、英智くんと蓮巳くん、日々樹さんの関係性がうっすら描かれているのもなんか…ほわぁってなりました。アメイジングしてお花持って帰っちゃう英智くん…oh…。
関係性厨的にはしんどかったです。ちょこちょこちゃんと個々が会話をする場面でそれという関係性が見えるのがムックさん…ってなってしまうので…うん。ちょっと泣きそうになった。

個人的にキャラ的な意味で素晴らしい…ってなったのは安井一真くん(日々樹くん)・野嵜豊くん(弓弦ちゃん)・佐伯亮くん(千秋)かな。キャラ立ち凄いしてたし目を引く子たちでした。まあ何と言っても小澤廉くんの明星スバルさまには敵わない…と言った感じでしたが。なんともまあ…キラッキラでしたね…!小澤くんを見たのはホストちゃん(栄)ぶりだったのですが眩しくて仕方がありませんでした。
桃ちゃんの星元裕月くんはどう考えても贔屓目が入ってしまいそうなのでこのカテゴリからは割愛。(桃と夏目くんが可愛くて仕方ないスイッチP黙れない)でもダンスが本当に綺麗で動きが特徴的で、知らず知らずのうちに桃ちゃんを見てしまっていた自分も居りました。ちなみにキャスト発表時点で「なんだやっぱ女の子がやるのか桃たゃ」なんて思ってて後に男の子だと知った時の衝撃ったら無い。弓弦と桃ちゃんコンビは本当に美麗でした。fine美しい。

あと私恋チュンPVとかでも泣いちゃうレベルで涙脆いんですがOPとかEDとか物凄くキラッキラで…あとこんな大きな作品をムックさんが愛を持って描いたのかなぁ…と思ったらもうしんどくて数回泣きました。なんで泣いてんだあの人感が拭えない。

最後の挨拶を全員で…って流れだったんですが泣いちゃう子たち、初舞台組、最年少・最年長。あんスタガチ勢様からの宣戦布告、ルミネじゃねーわの方のゴキゲンなご挨拶など、バラエティに飛んでいて凄く…うん、個性豊かでした。これぞ夢ノ咲。fineがチーム挨拶しなかったのも凄いそれらしかったなと。2winkちゃんは初っ端でノリに乗れなかったのかなって所もありましたがご愛嬌かなと。スバルがおめめ涙溜めて苦しそうな顔してたのが…もう…もらい泣きするんでやめて欲しかった。そして最後にスバルくんだけ(W?トリプル?カテコ)飛び出してきて「皆部活行っちゃった~~~」って言ったのが死ぬほど可愛かったです。スタオベの景色がキャスト全員で見られなかったの勿体なかったなーってのがLV組としての感想かな…。



全体的にはよかったな~…って感じだったんですけど…なんかそれと同時に少し虚しくもなりました。
ストーリーの感想が流れて来なかったのは本当にストーリー通りって感じだったのも有るんですが、それ以上にやっぱお客さんはファンサやライブを楽しみに来てるんだろうな…あとキャラの絡み。私は今回のあんステ(前回は見ていないのでなんとも言えませんが)が…なんだろう…既視感…って思ってずっと考えてたんですが…アレです…武士ロック*1
芝居ではなく、小芝居挟んでライブ…と言う様な印象を受けました。と言うかアマゾンで一応調べましたが武士ロックで19曲なのにあんステは14曲前後?ということで…いや…楽曲多いなって印象だったのも肯けました。
なんでしょうね、人気作品だし続編を、と思うとあの進行速度なのかもしれませんが…個人的にはもっとお芝居見たかったなあ…と言う感情もあり、アイドル物なんだからあの曲数で已む無しなのかなぁとも思い…複雑な気持ちでした。面白かったけど。面白かったんですけれども。そして100%続編が有る終わりでしたが次はどこが飛び出してくるんでしょうね…不安やら、期待やら。そんな感じです。


f:id:lomo9:20170130110429j:plain

もっと地方もLv賑わったらいいのになー…( ´∀`)と思いつつ、自分の地元だとガチ勢は現地行けるレベルかなとも思うのでまあ、半分くらい埋まってただけでも良しなのかな!
ときおのライブ以来のLV、中々に面白かったです!おわり~~~

*1:皆大好き戦国鍋TV!MTの歌だけやったカオスなライブだよ!徳川・AKR四十七・幕×には前山先生も出ているよ!最高に面白いんでDVDの購入ご検討ぜひともよろしくお願いしますというダイマ