インフルエンザでなきゃ恋

見つめていてもご飯の皿がいっぱいになることはない。

そして踊ろう追憶ダンス。

10/28(土)
福井アレックスシネマ
福井駅前短編映画祭2017
招待作品 「追憶ダンス」+舞台挨拶

を観てきました。


メモ
・ダイマです
・「佐藤だよぉ」
・ネタバレは此処から表記は入れます。

拡散ステマ大歓迎(過大解釈)とのお達しをうっすら受けたのでほんとあの、観てください。





福井短編映画祭ってなぁに?

福井駅前短編映画祭 – Fukui Short Film Festival

また後程ゆっくりこちらは記事にしますがめっちゃくちゃ楽しかったです!!
来年も開催予定との事ですので皆さん来年はぜひいらして下さい!!!!!!!!!!(ダイマ)ほんと宣伝もっと上手にしてくれればいっぱいお客さん来ると思うのにもったいないいいいってもだもだしたんで後程ガッツリダイマしますんでもうちょっと待って下さい。


How 『追憶ダンス』?

あらすじ

深夜。コンビニでバイト中の鈴木の前に強盗が現れた!
「あれ?オマエ鈴木?俺だよ、佐藤だよ!」
なんと強盗はかつて鈴木の同級生だったと言う。
だが鈴木は佐藤を思い出せず…。
記憶の掛け違いを巡る二人の戦いは、予想外の結末に!


[監督]土屋哲彦
[企画・プロデューサー]星久美子
[脚本]池谷雅夫
[撮影監督]髙橋一己
[録音監督]蓬田智一
[音楽監督]田口大善
[キャスト]篠田諒・木ノ本嶺浩(W主演) 山﨑ケイ(相席スタート)・黒岩司・古谷佳也・日下雅貴・津田寛治

賞歴
・第45回TOKYO月イチ映画祭 グランプリ受賞
FOXムービー短編映画祭2016 審査員特別俳優賞(追憶ダンスの二人に贈りたいがために出来た賞だそうです!!!)
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 奨励賞*1


予告編
www.youtube.com
もう予告から美がはみ出してる。困る。

その頃のみねくんさんのにっき
ameblo.jp
可愛い



ということでくどくどと言っておりますが当方福井県民です。もっと言うと福井市民です。各地の映画祭で賞を総なめにしている追憶ダンス…まさかの福井上映。これは革命です。まじで。本当に今日という日を迎えるまでウキウキして前日3時まで眠れませんでした。今現在ゴリゴリの寝不足です。コレ書いたら寝ます。ありがとうジャポネーゼ。映画が上映されるばかりかみねくんまで降臨してくれた…津田寛治さま並びにラ・セッテさまに感謝の意を評し何らかの形でめちゃくちゃ元気に貢ぎたいと思っています(ので貢げる箱イベお待ちしております。いつもありがとうございます。)

どうでも良いんですけど昨日のみねくんさんのブログ呆れるほどに美しいし可愛いし世界に感謝するぜアモーレって感じなので是非読んで下さい。福井福井言ってくれるみねくんさんめちゃくそに可愛いありがとう。みねくんを好きになってから世界に感謝すること続き。

ameblo.jp
蝶ネクタイ有り得ないくらい可愛くありませんかああああああああああああ?!ミューズに愛されてる。





ということで以下、本編感想(即ちネタバレ)




感想

追憶ダンスは土屋哲彦監督が作り給うた鈍器。
は…はぁ…は…笑ったし…苦しいし…つらいし…ミネヒロキノモト美しいし…は…脳みそが足りない…噛み締めてまいりたい所存です。

舞台は深夜のコンビニ。所謂DQNカップルに絡まれて、妄想の中ではボッコボコにしちゃってるけど実際はうっすら笑ってやり過ごす鈴木くん(篠田諒くん)が死んだ目をしながら働いています。全く余談ですがDQNカップルやたら顔面偏差値が高い…などと思っていたら青木さんだったんですね。綺麗な筈だ。てめおめてめおめ。血の飛び散り方が気になるくらい綺麗に鼻血噴いてる。すごい。
さて、そんな闇が煽るるコンビニにヘルメット・黒マスクで現れたのはコンビニ強盗(あふれる美しさ)なんか変なスプレー持ってる(手が綺麗)「金を出せ!」と要求してきてお金を受け取り(無駄にちゃんと数える鈴木くん。)(数えるなって怒る強盗氏)、コンビニを出ようとするも…振り返って鈴木?と幾度となく聞く…彼の正体は同じクラスだった佐藤(木ノ本嶺浩さん)だった…。冒頭を一応なぞってみました。

オッケー元に戻そう(本編は自分で見てくれの意)

いやぁ…木ノ本嶺浩のスタイルの良さが膝当ての巻き付きによって暴かれてしまうではないか。世界一美しいとは思っていたけどそんな不審者スタイルであなたいったいどうしてそんなにきれいなの?トトロなの?ってくらい生体が不明。美しい…。存在が美だから掃き溜めにしてみたって掃き溜めに鶴なんですよみねくん先生…。神が創った奇跡…その名が佐藤。小卒。鈴木のせいでと詰め寄る。とにかく恨み節を言う

学校の池の鯉捌かれて刺し身にして食わされる。

えぐいやん

ヤバいじゃん(まだちょっと引きずってる)

生臭くてぐちゃぐちゃだったと苦虫を噛み潰したようなお顔で当時を振り返る佐藤さん。それからお寿司が駄目になったそうです。そりゃあね。プロレス技の練習台にされたり放課後になると鞄なかったり…本当に結構エグいことされてる佐藤さん。恨み爆発。怒った顔も良いねって騙したい(a.k.a CHARAさま)

「虐めた側は忘れても、虐められた方は覚えてるんだよ!!!」心の底からの叫びだね…。

佐藤「死刑」
言われてぇええええええええええええええええ殺してええええええええええええええええええええええええええええええ(ここんとこ毎週殺してって言ってる気がしてきた。)

「鬼ごっこしよぅよぉ」
この言い方がめちゃくちゃ好きです…あの…すっごい不快指数が上がる感が凄い…この人あんな美人なのにこんな不憫な顔も出来るんだって感じで本当に凄い。ここの鬼ごっこシーンなかなかに狂気に満ちててゾクゾクする。からの脱げよで

佐藤「死ぬの?脱ぐの?どっち?デッド…オア…」
小卒だーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!これが小卒かーーーーーーーーーーーーーーーーー!?!佐藤くんそこはアライブだよ~~~~~~~~~~~~~~~って心のなかで応援団になります。そしてまた可哀想エピソードパンツ一丁でクラス全員の前で田中さん(おそらく好きな子)に告白

これがスラムかよ。イジメってもっと局地的なやつじゃないの?クラス全体で陰湿過ぎない?世界怖い。

佐藤「好きな女の名前はぁ?告白すんだよ、ほらぁ世界のネットユーザーの前でさぁ!」
えっちかよ。ただひたすらにえっちだよ。ここで小さい声で言う「…ウソツケ」がめちゃめちゃリアルで可愛いんで本当に聞いて欲しいです。凄いんですって。ほんっっと台詞一つで人をぎゅうって気持ちにさせるみねくん…はぁってくらい凄い。

しかし小卒でコンビニバイトすらままならない佐藤さん、コンビニ強盗を謀ることで限界を超えるための努力を始める。佐藤vs鈴木の謎の底辺対決始まる。うぐ…う…可愛い…。ところで篠田くんの身体がはちゃめちゃに美しい。若さって凄いよね。

さて、そんなこんなしてる間に鈴木のローズウイップ()がキマり形勢逆転ナイフは鈴木の手に。追い詰められる金魚のフン呼ばわりされる佐藤氏。

佐藤「僕はお前より上だった」

はい、ほんとは僕っ子属性出ましたーーーーーーーーー好きで―ーーーす大好きでーーーーーーーーーーーーーーーーーーす。男の子が僕と俺混じってるの見ると他所では一生懸命頑張って僕って言ってるんだなぁってニコニコしちゃうけど佐藤氏の場合は必死になって俺として生きてることで体裁を保ってるのかな、とも思え、強がりが浮き彫りになってきます。

そしたらまた形勢逆転(コロコロ~~~)ふはははははははって闇の帝王みたいな笑い方をしながら高笑いをする佐藤氏。控えめに言って不気味である(なお、容姿は美しい)


そこに登場する怪獣こと警官さん(津田寛治さん)。ばっすばっす場の空気をもみくちゃにしていきます。
もう大体全部おかしいんですけどこの台詞がいちばん好きです。

佐藤「俺のスタートライン邪魔すんなよぉ!!」
警官「おまえ、コンビニ強盗がスタートラインって何言ってんだよ!?」(ド正論)

首締められて早々にくぇって顔をする佐藤氏と言うかみねくん。締まってる締まってる。締まってるよぉおおおお。みねくんさんは作中でSMの切り替えが激しい役をよくやらされているイメージ。Sに見せかけたMの役が多いというか。個人的には間逆なのではないだろうかと思ってる。

諸々の葛藤の末に警官の背中ズシャァして二人で逃げる夜明けのデカダンス。二人でドタバタ朝の温い色の中自転車を押して二人乗りして大騒ぎして駆けていく。

うわぁ、いいよなあ。

って何故か思う。下にも書きますが追憶ダンスはド底辺の話を土屋監督が描きたかったとの事ですが、この見窄らしき美しい世界って感じで退廃色の明星を観た気持ちでいます…青春って赤より熱い青色だったなと思い出す。自転車って青春の象徴の様な気がしていて。なんだかとても複雑な気持ち。

二人で腰を下ろしてからの諸々の理由で佐藤の佇まいが心細そうで…多分もうこの辺で気付いてたんだろうねーって思ってしまう。ちゃんと謝れる鈴木くん、ずっと恨んでた佐藤くん。

佐藤「すずきぃ」
ここほんっっっっっっっっっっっっっと可愛すぎません?愛が溢れた。止まらない。

そして衝撃のラスト。

南小と北小。緑が丘中と藤中。なんなら学年すら違う。

佐藤「いやてめぇ誰だよ!?」

ほんまにな。

「鈴木だよ!!佐藤だよぉ…!」
「…お兄ちゃんとかいるよね…?」
「いねえよ!!!!!!!!!!!!!!!!!一人っ子だぉ!!!!!!!!!」

いやーーーー…アハ体験って言うかズコーーーーーー体験!!!!!!!でも感触的にはアハーーー!!!(格段に頭が悪い)

「おまえなんだよ消火器お前じゃねぇじゃん」
「消火器やった人いたよぉ俺の学校にも?!」

と子供の様な喧嘩をしてフェードアウトして終わっていく鈴木くんと佐藤氏。

いい友達になれそうだよね。(無理)
全編通してシリアスかと思いきや思いっきり笑わせてくれる終わりで爽快感が凄い。すっごい。怪獣もすっごい!!!!!(ラ・セッテフェスの答え合わせがようやく叶いました!!!!!!!!!!!!!)いやー…凄い良かったです。ほんっと良かった。観られて嬉しかったー…弱くて惨めで情けないめんどくさい佐藤くんの、溢れる可愛さに今日も胸が苦しいです。止まらないときめきを今日もありがとう(合掌)


トーク抜粋まとめ。

さて、上映前と上映後の出演者トークまとめ。覚えてる分をざっくりと。
メンバーは津田さん・土屋監督・篠田くん・みねくんです。

◆みねくんと土屋監督の今まで、これから
出会ったのはラ・セッテ主催映画「ACTOR」のオーデをみねくんが受けに行った時。当時100人くらいのオーディションをしていたらしい土屋監督。みねくんは参加するも箸にも棒にも当たらず手応えの無さで土屋監督自体は「覚えてない」と評する程度だったとか。それが後に『追憶ダンス』をやるにあたってW主演で行きたいから篠田くんの相方を探していた所、土屋監督がみねくんの舞台を観られていたり、ラ・セッテの社長さんにオススメされたりで再会。現在に至る。
なんか…すっごいドラマチックな話だなーって聞いてました。数年前は実質振られている相手に逆モーション掛けられたって事ですよね(過大解釈)みねくんが歩みを止めずずっと懸命に積み上げてきたからこその今が有って、それが追憶ダンスという作品に発展していた。そう思うと愛おしさが倍増しませんか…?私は聞きながら壊れそうな気持ちだった。胸が苦しい。つらい。好き。かっこいい、可愛い。
みねくんも土屋監督に挑戦するつもりで挑んだ、との事だったので男の子最高ってなりました。志高過ぎるみねくん大好き。
土屋監督「あの時のアレかって思ったけど舞台見に行ったらイメージ違ったしイケメンにクズの役やってもらいたかったし結果良かったし良かった。」

土屋監督って本当に端的で分かりやすくて好きだなって思います。


◆篠田くんと役作り
津田さん「弁当食いながらとか、鏡見ながらとか、篠田ずっと『やってやるよぉ』とか言ってた。ヤベェなと思ってた。でも作品が完成したらその努力はすべて実ってた」
篠田くん「言霊って有るじゃないですか。監督が『底辺の人間が描きたかった』って言ってて、どうやったらそれになりきれるかって考えて自分にマイナスの言葉を浴びせることでそういう顔つきになるしと思って」
土屋監督「篠田のそういう話初めて聞いた。凄く面白い。なんで舞台挨拶今までで20回くらいやってんのに此処で初出しなの?」
みねくん「思い出したの?」(優しい)
篠田くん「思い出したんじゃなくて役作りの話とかにならなかったし自分で言うのなんか…」


◆シメられたメシアみねくんさんと寛治先輩
津田さん「リハで首シメてたらリアルにきのもっちゃんが白目剥いてドターンて下に崩れ落ちちゃって、現場が一時騒然とした。どうしようどうしようって騒いでたらきのもっちゃんの白目がぐるんて戻って『あ、どうしたんですか?やりましょう』って言ってくれた時に『この人は救世主だぁ』って思った。映画もなくなるところだったし僕もお縄に…」
みねくん「全然全然そんなことないです」(必死)(可愛い)(優しい)


◆その他
・(始まる前に)津田さん「美少年な二人だけどボーイズラブじゃありません」(大事)
・(始まる前に)津田さん「人気急上昇中のきのもとみねひろくん」パワーワード
・(始まる前に)津田さん「星々の約束も見てね」(セーレンプラネットで平日のみ上映中)
・(始まる前に)津田さん「おろし蕎麦食べに行くから上映後のトークいないかも」(無事間に合いました)
・(追憶ダンスで)土屋監督「一番狂ってるのは津田さん」
・(今後のお知らせなど)篠田くん「情報解禁されてるのが何かわかんない」
 みねくん「してないの言っちゃ駄目だよ!?」(性癖ことみねににが顔を出していた。殺す気なのか)
・(今後のお知らせなど)津田さん「水戸黄門をやってます」
 みねくん「皆さん知ってます」(みねくんツッコミ大忙しの巻)


◆場外編:みねくんは優しいしいい子だし可愛い
・上映終わった後のトークでみねくんさんが映画祭のパンフレットを持ってもにもにしてたんですけど手何回がぎゅってしたり皆にマイク回そうとしたりで他人にとにかく目を配って落ち着かないというか…ちゃんとしてて…きれいだなぁって見蕩れながら他人の動きをしっかり見ている人だなって改めて思いました。パンフの表面撫でたり綺麗な手をぎゅーってしながら落ち着かないのほんと可愛かったですし人の前に立つ時はやっぱ眼鏡しまうんだなって…(胸ポッケに入れてた、テンプル片方ポッケからはみ出てた。かわいい)あと写真では見たこと有ったんですけどほんとに眼鏡頭の上に乗っけてて「現実だった…」って思いました。
・板の上ほんと、大好きなんだろうなあって気持ちも有りましたがそれ以上に人と一緒に居ることが好きなんだろうなあって。津田さんとか篠田くんとか土屋監督とか…あとラ・セッテの松林さんがいらしてたんですけど松林さんともひっついてて…可愛さ…可愛さ…とふるえる。幸せそうで楽しそうでにへらーっとしながら過ごす時間でした…映画祭って良いな(アットホーム過ぎただけ説そこそこあり)


最高でした。

皆追憶ダンスを見てくれ…頼む…私は…惚れ惚れした…大好きだ…。何より福井でみねくんが観られて幸福の極みでした…なにこれ…幸せが有り余る…追憶ダンスチームの可愛さ半端なかったです…なんなんだよもう…やっと観られたよありがとう…ありがとう…いらっしゃいませぇ…。思い出したらなんか追記します…。ありがとう世界よ…愛しているよ世界よ。

*1:別映画ですがみねくんの「三尺魂」がSKIPシティアワードを受賞しています。私も三尺魂観たい。