インフルエンザでなきゃ恋

昨日から学び、今日に生き、明日に期待する

舞台の上で息をする。(る戦稽古場見学会)

12/5(水) 都内某所
「る戦」東京公演先行販売購入者特典「稽古場見学会」に行ってきました。

メモ
・だいすき~~!!!!!
・自由!!!!!!!!!
・流れ上本編の話もするからネタバレ無理~とかだったらスルーしてね。
・ニュアンスだよ。ニュアンスだよ。ニュアンスだからね。



稽古場見学会とはなんぞや?

 
S席先行購入特典にある日突然(9/28)降って湧いた追加特典。
 

 
2.稽古場見学会(先行特典)
これまで、公演DVDの特典映像としても入ったことがない稽古場を特別公開いたします。
キャスト陣が白熱して作品を作り上げる様を間近で体感して頂けます。
●実施日:12月上旬(予定)
●場所:都内
 

 
稽 古 場 見 学 会 。

字面の強さ。絶対行く。心に誓いました。
申し込んで当選の場合のみ11/2までにメールしますとのこと。メールが来たのは11/2(金)夜でした。*1 家帰って発狂した。会社に土下座してお休みもらった。ありがとう弊社。
 
 
 
 
 

行ってきたよ!

 

至るまで

 
集合時間に指定された場所に向かい、恐らく同士様であろう方々を発見し流れで整列。大体到着は10分前くらい。
ぽけ~と待ってたら見たことあるイケメン歩いてきたなぁ………んー…

たきぐち氏だな!!!!!!!

キョトン…って集結した人々を見ながら…しばらーくして理解したのか「こんにちはー」ってにぱーっとご挨拶してくれた。街で歩いてたら確実に振り向いて後ろ姿三度見するタイプのイケメン。るひまの太陽たっきーさん。きれいなお顔。顔がいい滝口幸広。あと松本くんと龍くんが通っていった。
スタートしてないのにもう既に意味が分からん。

時間になったらお姉さんたちが出てきてくれて受付をしてもらいました。
当選メールと身分証チェック。そこで発覚したのです…今日の当選者が20人であることが。割と周りの空気がまじかよ…って感じだったんですよね。此処で既に。
そして稽古場内での席ぎめくじ引き。

るーちゃんのお姉さん「自引きなんで運ですよ」*2

うなれおいらの右手~。
 
ハイッ

f:id:lomo9:20181206120821j:plain

後半*3
当選メールの注意事項に「見えにくい席になる場合もある」って書いてあったので、2列目か!などと思っていた。見られるだけ有り難いし…大丈夫…大丈夫…なむなむ。

別室に移動して荷物置いたりスリッパ履き替えたり。大変呑気なので「今日のために私靴下買ったんです(ドヤァ)」などと言っていた。*4
お姉さんから注意事項を受けたり、今日やる場の説明を受けたりしつつも大体和やかで「相当な倍率を勝ち上がった皆さんです」という旨を言われ一同「…そんなに…?」という顔をする。いや確かにSNSで検索しても一向に当選者見つからなかったから私まじでしばらく詐欺メールなんじゃないかと思ってた*5
そしてこの話の中でなるほど。みねくん今日稽古してる姿見られそうにないな?!と思う。それはそれで!!!!オッケーです!!!!!

ということで順番に並び、稽古場へ~ってドアを開いた瞬間。


武田四天王が三人こっちを見てるの見えた。*6


1~10番の方が先に入られて、こわごわしながら後列も続いていきましたところ


キャストご一同、整列していらっしゃる。*7


一人ずつ入場するみたいなね。あの…全員に見られている(死である)


壁沿いに一列に席が並んでおり、聞いてくれ、全員最前列だ。*8


じ…自分の席…自分の席…ってあわあわしながら見つけて座ったところ、目の前は見知ったお顔でした。珍妙なものを見る目でみないでくれ。そして安定のみねくん逆サイド。*9

うわあああ!!!!いつも見てる稽古着だああああ!!!!!
って件のスターウォーズのジャージ見てた。本当に稽古着スターウォーズなんだ。スターウォーズスターウォーズ…辻本くんもいつもの稽古着だった。稽古って現実なんだ…龍くん相変わらず柄が暴力的だね可愛いね。キメ様最初女子かと思った。ロンTめちゃきゃわでした。稽古着生で見るとか無いじゃん…写真の中だけのものじゃん…現実じゃないと思うじゃん…マジで…いや…まじで…。

一列に並んでるイケメンと美人…あれ…座長は…?ってキョロキョロしてふと上見上げたら
セットの上で二人、正座して待ち構えてた。
うわーーーーーーーー?!?!?!?!



…稽古場見学会って…なんだっけ…。*10
青くなったり赤くなったりを繰り返してとりあえず座っちゃったら反対側の皆さん座ってなくて座るの?立つの?ってきょときょとしていた。後々考えると客側19人で俳優様方18人。ほぼ同数。贅沢だなぁ…なんだこれ…見渡しながら逆サイ遠いな…って遠い目をしながら。この呪いはいつまで続くのだろうかと不安視していた。


板垣さんがにこーって笑って「せ~の」


からの


ご一同「いらっしゃいませ」





オタク、感極まって瀕死になる。*11

動揺に動揺を重ね上塗りしこんなに手厚い稽古場見学があってたまるかと思った。もうそろそろ限界だった、私の情緒が。

板垣さん「稽古場見学会は祭シリーズでも初めての試み。今回この稽古場見学会、大体1000人以上の応募が有ったそうです。その中の選ばれし20人の皆さんです」と教えられる。


客席側、ガチ目の「ザワッ…」


いや20/1000て…
知らずのうちに唸ってたおいらの名義…ありがとうお母さんこの名前に産んでくれて…ってお母さんに感謝した。感謝する方向が山程ある。

板垣さんの命により座長お二人から今日の意気込みをどうぞ。のコーナー(コーナー?)

佐奈ちゃん「えっ…えっどうしよ…聞いてねぇ」


顔がいい!はなまるイケメン!!!!!あまりにも顔が良くて天才なので私にはそれしか分からねぇ…顔がいい…本当に良い…。

そしてみりん座長。もういい加減みりん呼び止めたほうが良いのかもしれないんで内藤座長。綿菓子みたいな声なのにしっかりしたこと喋ってた。ママ僕でみた時るーちゃんのセンターにこの人がやってくるなんて思いもしてなかったなあって。本当に声が綺麗。

そしてせっかくだからと板垣さんのご指示で全員から一言ご挨拶をいただきました。
もう…もう…板垣さん好き…初めましてのキャストさんのお顔もお声も拝見して可愛い可愛いそれ以外見つからない。



なお、みねくんがご挨拶って聞いた瞬間、事前に聞いてなかったのか

「えっおっうぉ!」

って言ってた。びっくりしてぴょこぴょこしてた。



おいおい可愛いが暴力的だなおい、こっちは軽率に命がPONだぞ?何においても君がナンバーワンだよ。未来永劫美味しいご飯を食べてくれ。ゴッドブレスユー。



他皆様ピックアップ。(PONした後で全然覚えてない)

兼崎氏「今日が稽古初日のつもりでがんばります」
永田氏「僕一人だけ着物でガチみたいですが、がんばります!」
中村氏「たっきーが怒られないようにがんばります」

龍くん?!


一通り終わった所で板垣さんが「ピアノも生演奏です。色々好きなように見ていってください」って言ってくださったので…存分に着席したままきょろっきょろ稽古場見回させていただきました。

るーブロで見た床!

るーブロで見た壁!

るーブロで見た更衣室!!!!

るーブロで見た背景!!!!

るーブロで見た衣装ラフ!!!

るーブロで見た人たち!(大事)

あとよく見る岩戸さんとスタッフさんたち!!!!

るひまの人たち!!!!!

全部るーブロで見たことあるやつだ!!!!!!!(a.k.a進研ゼミ)

衣装ラフの隣に刀ももっちゃり置いてあってあぁ…戦国…戦国。じわじわ来る。

私は今聖地にいる、という高揚感。

今年一番興奮したイベントに認定する。前日眠れなかったのなんてこれくらいのもんだぞほんと…(いつも睡眠時間はギリギリ―ン)*12 目に焼き付けよう、幸せな世界だ。と気合も入れ直しました。

さあでは稽古開始です。目は爛々。稽古開始~ってなったら皆さん位置につくのでみねくんはスッと裏に消えていきました… see you …。


1つめ。真田四天王と武田主従の出会いのシーン

 
予め、こんなシーンですよって教えてもらう。
そして舞台の見え位置とかも教えてもらう。足元にラインテープがいっぱい貼ってあり、板垣さんがぴって指差して教えてくれる。盆の位置だったり、ステージの位置だったり。椅子がある場所は本来は有り得ない位置で…もうなんていうか…簡単に言うと意味が分からないくらい近い。目の前にいる。比喩じゃなくて、目の前にいる。

板垣さん「皆さん此処ステージの上です」

上がったらあかんとこや(座ってる)

佐奈ちゃんがぴょんぴょんぴょーんってうさぎさんみたいに飛び上がってセットの上まで行った身のこなしの軽さにほぅ…っとなりつつ、たっきーのおめめが真面目な目になったのを見届けつつ。四天王さんたちがアップを開始し永田くん・田中くんがのびのび…もう既に視界がガチャ付き始めた。そして岩戸さんの存在感。この空間好きな人しかいないやばい。という心境に陥る。もう完全に落ち着かなくて足攣りそうになった。*13


からの、板垣さんが「どーぞ」って…
あまりにも滑らかにスッとシーンが入るからびっくりした。

甘利と晴信さまのシーン。めいいっぱい美しいの頂上決戦スタートされてしまい心中穏やかではなくなる。からの四天王シーン。そして信繁さま(おにーたまだいすき、ちゅ)と信廉さま(ごほ…ごほ…)のざっくりアドリブレビュー…自由だな…自由だ…此処がる・ひまわりの…戦場だ…。兼崎氏がへばっていく様子がよく見える大変愉快なシーンでした。

一回止まって板垣さんからお話があって、方向性がちょっとずつ変わる。
微調整っていうのだろうか。機微をちょこちょこ相談して変える感じ。板垣さんはいつだって道標であり帆なんだなあと眺める。
途中、龍くんがたっきーをひょーいって捕まえに行って打ち合わせ。

佐奈ちゃん「生打ち合わせ!」
龍くん「これも芝居」
佐奈ちゃん「おぁ、すげぇや…」

龍くんぇ…。

ちょこちょこ修正して、板垣さんがちょこちょこ我々にも教えてくれる。
これはこういうシーンだよって板垣さんが言ってくれてた時にひょこっと龍くんが出てきて「板さん(やってることを説明されるのは)はずいっすよ」って素直なこと言ってたんだけど板垣さんは「こういうシーンだって分かって見なきゃ分からないじゃん」などとあっさりブロックしていた。強い。状況を飲み込むと見えてくる景色が有って、あー…分かりやすい…すごい…って。見えないはずの牢が見えたり回想シーンのふぁんふぁんふぁんふぁんふぁ~んみたいなのが聞こえたりするオタクのイマジネーション力で補完。凄いなぁ…会話劇が一瞬で場面に変わった。っていう瞬間を目の当たりにしました。セットとSEでまたイメージがふんだんに増すんだろうなって思います。SEなんかも板垣さんが口で言ってくれてました。

あとで永田くんと田中くんに「こういうシーンでこういう前提でお客さんは見てるから、話を元に戻せる程度に何かやってて。二人で合わせ技でもいいしね。」って解説。後ろ姿が綺麗だな…ってジッと見てたんですが「よろしくね」って言った後足をぴょこって上げてらっしゃった。萌えのカンスト


板垣さんに「此処こうしたら面白い」って指示を受けて「どう思う?」ってお客さんにその場で聞いちゃうたっきーさん。

板垣さん「なんで俺とお客さんの間取ろうとするの!!!!」

龍くーん?!怒られてるよー!!!!!!!笑
板垣さんとたっきーの分厚い絆を見た気がしました。先日の産経の話が蘇ります。
四天王のシーンが一区切り付いた後、四天王の皆さんは別室お籠りに行かれたのでまじでずっと稽古してるってこれか…って眺めてしまった。四天王のマジ具合がマジ。


たっきー?たっきーさんだと思うんですけど、どっかのタイミングで「稽古場だけ来て本番見に来ないとかないよね?」って言ってて兼ちゃんに「どんな趣味の人なの…」って言われてた。

稽 古 場 見 学 会 は 先 行 購 入 特 典 で す !!!


安心してください、此処に居る全員行きますよ。



所変わって座長s出会いシーン。
とにかく美しい佐奈宏紀vsとにかく真っ直ぐ内藤大希。一発目からあまりにも綺麗だなぁって二人のぶつかり合いを見た後で、板垣さんが「ここのシーンは本来盆が回って正面になる体であっちでやってくれてます。けど今日は見せる意味も込めてこっちでやってね」ってご丁寧に二人の位置を調整してくれたので。

刀を突きつけられてクッて喉を上げる佐奈ちゃんのお顔が…割と近場に有って…美の暴力に寄る酸欠に陥る。実際は殺陣がまだついてないのでこういう感じでやろうね、って方向性だけ決まってるとか。渥美さんが来てから詰めようね、ってお話もしていた。出来上がっていくんだなあ。過程なんだなあ…と噛みしめる。

板垣さんが内藤くんに「大希は本物の刀握ったことある?本物。(内藤くんが無いって答えて)無いんだ。凄く重いんだよ。だから重さで切るの。て事はそんなに振りかぶったりしなくていいんだよ。それが分かってると扱い方が分かってくる、慣れて見えてくる。俄然見え方が格好良くなる」って実践しながら言葉をかけて、次に内藤くんが刀を振った時は1回目と全く見え方が変わりましてね…魔法…完全に魔法…ってふるえた…。言葉は魔法だなって、それがあっさり染み渡る内藤くんがそれはそれで凄い。スって。凄い。その間佐奈ちゃん何回か首にピッて刀当てられる度に喉を反らしてて美が襲ってきててしんどさしかなかった。なんなんだこの美しい化物は。
あとはすぐに立ち上がったりすると余裕が見えなくなる、とか所作の話をぽろぽろ内藤くんに板垣さんがして、内藤くん本当にすっすって一個ずつ実践していけてた…どんだけ器用なの…器用なのか勤勉なのか…内藤大希恐ろしい子…ってなる。半ばのセリフであたか?って台詞でちょっと躓いて正しい音で直して…暫くして裏に行ったときもずっとニュアンス言い直して丁寧になぞってたのが聞こえてきて…内藤くん…内藤くんや。
そう言えば内藤くん、二回目からマントを着用されていた。マント…ふわふわのマント…騎士か…ってなった…というかこのすんごい舞台に真面目な男が件のキツツキションかと思ったらギャップで船酔いしそう。

色々詰めてこのシーンはおしまい~。次のシーン行こうか~って笑う板垣さん。

そして

椅子タイム!!!!!!!

板垣さん「こちらのお客様方、申し訳ありませんが椅子持っていただいて、こちらまでご同行願えますか」

※事前に、稽古場の見え方の都合上椅子持って動いてもらうことがあるかも。というお話があった。割と話半分で聞いてたけど本当に動くことになった。稽古場動ける!!!!ってめっちゃ私は喜んだ。卒業式の練習思い出した。

手ぇあげて「はーーーーーーーーーーーーーーーーい!!!!!!!!!!」って言わなかったの偉いと思うんや私。とことこ前の人に続いてコーナーへ移動。もすん、って座ったら板垣さんに「背中ぴったり付けてね」って言われて瞬時にピトォベタァって背面にひっついたのでした。言われるがまま。板垣さんの指示されるがまま。満足満足納得満足。ということで準備が整い次の場へ。
 
 
 

2つめ。武田主従と上杉の出会いのシーン

 
貴城けいさまご登場&加藤啓オンステージ&やかわ先生大奮闘コーナー

いやー…目の前に…目が零れ落ちそうな美人がいてだな。*14
美人ってさ…いるだけでさ…空気が美味しいよね…。姫がめちゃめちゃ美しくて…幸せ…好き…好きって上杉組への恋が高まりました…好き…姫大好き。加藤啓による一人ステージが催される。だめなんだよ私、啓さんいるだけでデレデレしちゃうんだよぉ…。

と、此処でスペゲス参戦。槙尾さん(この日お誕生日)と、杉江ちゃんのピンチヒッター岩戸さん。(まじで台本読んでくれてるしフリも付いてる。杉江ちゃんが見えた。)
爆沸きしたし稽古場の奥の方から笑いが溢れ漏れていたよ。俺たちの岩戸さんが大人気だ(私もエキサイティングだ)。

板垣さんが「普通に代役で出てきちゃった笑」って言ってたし
岩戸さんは岩戸さんで「代役の話してたし代役立ててくれるのかなって思ったけど普通に呼ばれたんでやりました」って言ってました。


いやいい人だな岩戸さん。爆沸き。


そして相まみえる武田信玄上杉謙信。麗しい。


そんな最高にるーちゃんな案件の後に板垣さん「良いと思います。お客さん入ってるとセリフも覚えるしぴっとするなぁ。俳優ってこわいなあ。毎日公開にしたら稽古めちゃくちゃ早く稽古終わりそうじゃん!」って笑ってた。板垣さんにこにこしてて、あまりにも可愛かった。俳優陣も可愛かった。俳優、見られて、すくすく大きくなる生き物…。
全編通して割と目の前に板垣さんが立ったり座ったりしていらっしゃったので板垣さんもよく視界に入ってたんですが、台本がヨレってなっててもう心臓ぎゅんぎゅんになった…私啓さんが撮ったみねくんの写真のみねくんの台本がよれよれになってるの大好きなんですよ…いっぱい読んだんだね…って思うと…いや…好きしか無いに決まっとろうが…ってぎゅんぎゅんする。板垣さんもいっぱいいっぱい読んでる。大切にされている。る戦が愛おしくなった。



からの椅子タイム。次は逆サイドへにょきにょきにょき。線踏まないでね、此処はこうやって見える場所だよ。例に漏れず「君達また舞台の上です」って板垣さんに言われて、えへ…えへ…って笑ってる。大体ずっと嬉しくて笑ってた。顔見て確認してくれるのでずっと楽しいでーすってにこにこしてた。笑顔って普通に出るものなんだなと思った。

この椅子タイムの移動中にみねくんの衣装どれだろうって貼ってある絵をキョロキョロして中々に破壊力の有るみねくんの絵を見ました。

破壊力が有る(語彙力がこれ以上はない)

あと辻本くん、マント確認。(大事なことなので)

引き続き上杉のシーン。可愛い可愛い。

しかし此処で多少の問題が発生する。

稽古場奥に、みねくんがにゅっと出てきた。(気分はポケモンが草原から顔だしたみたいなやつ)

みねぐんだ!!!!!!!

30分ぶりくらいに見た!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

上杉コントシーンを見に顔を出してたのかは定かではないんですが、嬉しそうに笑ってる気配がした。
いやあのね…目の前で加藤啓殿がマヤになってて…目が離せな…でも奥にみねくんいる…なにこの大渋滞…どうしようどっちも見たいって葛藤のせいで脳みそが可哀想なことになっていた。集中しろばかたれ!!!!!という気持ちといやだってみねくん顔出してんだもんんんんんんんって感情に揺れ動く。眼の前最高のオンステージ…ある意味地獄でした。
なんで私の目玉二つしか無いん…。静かな葛藤をしてました。いや、めっちゃくちゃ楽しかったし本当に上杉組可愛い。可愛くて仕方ない。

主に加藤啓と姫に振り回される小早川くんの身を心配した。

終始楽しそうに稽古眺めてるみねくんを見て…割と憔悴した。一気にきた。
本人がやってる所見ようもんなら今頃抜け殻かもしれないな…と思っていた。

貴城さん「この近さでやりきった私を褒めたい」ってにっこり仰ってました。
ほんと…引くほど近い…ワーサルの最前くらい近い、近い、やばい。


この場が終わったということは、見学会の終わりなのだなあ、とほんの少ししんみりする。


板垣さん「さて、見せる場はおしまいかな…うーん…そうだなー…みねー、つじもとー、座長たちもおいでー


(…Why?)


ファンファーレが聞こえ始める。
呼ばれた四人ぱたぱたと山を超えてやってくる。辻本くんが山を超えてやってくる。無理格好いい。みねくんもお山越えてぴょこぴょこやってきた…世界一可愛い…5分ぶりくらいに見た…。


板垣さん「(辻本・木ノ本は)今日出番見せられなかったでしょ。喋らせてあげる。豊富とか」


(…え、神?)*15



ドラムロールも聞こえた。



突然の振りだったみたいでるひま先輩後輩コンビが目キョロキョロしてました。みねくんおめめよく泳ぐね。辻本くんもにほにほ笑いながら「えー…」って言ってたし板垣さん容赦ないな…ドM心にガンガン響く。

みねくん「えっと…今日はお見せ出来ませんでしたが…出オチとかではなくて…あの…出オチかなぁ…いや…」
板垣さん「ハードル上げちゃうの?」
みねくん「あ、ハイ出オチです!!!!!!!」*16

板垣さんにしてやられてるみねくんをこの目に拝むことが出来ました…やだ…これが見たかった…好き…。
その後みねくんが一生懸命一人ひとりの目を見ながら「日々進化しております、精一杯やっております、どうぞお楽しみに。」っていつもの優しい声で言ってくれてにぱにぱした。真面目だな本当に…今日も誰がなんと言おうと世界一可愛い!!!!存じ上げ!!!!!!!!!!*17

辻本くんはニカって笑いながら「出オチです!!」とみねくんのお家芸一瞬で奪っていきました。

みねくん「後輩つぶしだ…」*18

辻本くん「僕は悪役…悪役かな。悪役です!笑 言っちゃった。嫌われるくらいの悪役になろうと思います。」


聖母なんか言うとる。



聖母、自分の仏のような顔を知ってまだなお悪役。この顔で悪役。惨忍なやつだ分かる。
いつもみねくんと辻本くんと言えば同じ場にいるイメージだったわけですが、今年は違うのかなぁと期待やら寂しいやら。最高なことは分かる…。

でもくるっと表情を変えて


辻本くん「後一ヶ月インフルエンザとか気をつけてね、体調を万全にして観に来てね」

私これ去年る年バスツでも言われた気がする…?!辻るでも生きててって生存を願う男は根本的に違うんだよ…辻る最高だったなあ!!!!(大声)スナイパー辻本氏、また何人か狙い撃ちにして撃ち落としていた。その様を、恐ろしいなって顔でみねくんが見てた。君らほんと仲いいな。合掌。


次は内藤くん。やっぱり死ぬほど真面目。目がマジ。ふにゃって笑う顔がソーキュートで幸せ幸せ…ってふわふわする。守りたくなる座長である。

あと佐奈ちゃんがご挨拶してる時に、板垣さんの最初の方の話も含めて引き継いで、新しくして繋げていきたいってお話してくれてたんですがその過程で両手両腕がだんだん伸び出して大の字みたいにピーーーーーーンって伸び始めて…あまりにも可愛いが過ぎたんですよ…佐奈宏紀なんなの愛されるために生まれてきたの?分かる…。
それを内藤くんとみねくんが「可愛いね…」ってにこにこしてたのめちゃめちゃ…めちゃめちゃパパだった…対面の辻本くんもほわほわ見てたのめちゃめちゃ幸せな光景だった。佐奈ちゃんの周りを巻き込む多幸感がマジで凄い。佐奈ちゃん真ん中にいる子、分かり味が強い。

板垣さんも最後の方で「なんでか知らないけどずっと居なくならないで長い付き合いになってきたキャストもいるんだよね」って言ってたらみねくんが口元をほころばせてにや~って笑ってまして、


控えめに言ってうーん銀河一可愛い。
ありがとう板垣さん…何回合掌すれば良いん今日。って真顔なりに感情を噛み殺してたら唇切れた。



その後、板垣さんのおしまいですってお話をいただいてお帰り。満ち足りすぎて思い出だけで駆け出していける…そう思いました。



が、



板垣さん「じゃ、お見送りしましょうか。」



?!



まさかの、座長s&辻本木ノ本お見送り…*19。いやいやいやいや結構ですって思いながらまあ私は四人から目が離せない訳ですよね。しこたま見たった!!!!!!!!!!はああ…こんな幸せいただいていいのだろうか…はあ…あ…溶ける…などと思っていたら更にまさかの全員でお見送り。



稽古場見学会ってなんでしたっけ?!?!?!?!*20



汗が滝のように噴き出る感覚を感じながら退場列に続き…ありがとうございましたありがとうございましたありがとうございましたありがとうございましたって口の中で言いながら俳優陣の前を通り過ぎました。ちょろっとみねくんを見たらふにって笑っておりました…あ…あ…こ、こんにちはぁ…!!!!!*21 啓さんとキャッキャしててうぅ…う…みねイベの言葉が頭を過りながら駆け出す前室。
前室に命からがら辿り着いたあたりで生演奏のピアノで帰りの歌がひかれていた…なんて1時間なんだよ…永遠かよ…と思ってたけど本当に一時間しか経過してなかった。


なにこれ?



前室でスタッフのお姉さんのお話を聞き、靴を履いて、解散。お世話になりました。
ありがとう…ありがとう…私が自分の用事で此処に来ることは後生無いだろう…そんな場所に足を踏み入れました…感動続きで感受性ぶっ壊れてしまっていた。


なお、呼吸をし忘れる傾向にあるため、しばらく酸欠で頭痛がしました*22。始めからお話してくださってた方をナンパしてお茶して帰りましたが…いやほんと…これは夢なのでは…?って時間でした。




雑感と言うか。

 
いや、る・ひまわり愛してるわ…*23
物理的にお金払うだけで日々幸せを感じてますが…るーブロで憧れて憧れて夢にまで見た稽古場に足を踏み入れる機会を頂いたことを凄く幸せに思いました。もっと好きーーー!!!!!!!!!
というか何を思って平日の昼間に社会人の地方の女を当選させてくれたんだ…有り難さしかなかった…いやいくらでも行くよ当たりゃそりゃ行くよ本命の呼び出しだもん。
いやー…産経の80もみねイベの60もラセッテの40もこっっわ!!!!!!と思っていましたが…20て…。現実じゃないよそりゃって感じでした。聞いた話だとPV30人だったんですよね…?

門が狭い。

プレミアムと言うか最早光学迷彩レベルなのでは…?存在してた…?

存在してた!!!!!!!

あまりにもプレミアム特典でるーちゃんに足向けて眠れません…好き…好き…大好き…。

歪みなく愛を誓う所存です。

私は今日も~?


\るひまの犬~~~~/


せぇ~~か~~~い by顕如*24





http://t.pia.jp/sns/?p=n201812120005_ft

ameblo.jp

ameblo.jp

見かけた関連記事追記。








平日の東京なんて滅多と来ないので推し飯を探しに行ってきました。
f:id:lomo9:20181206165748j:plain
錦糸町 ときわ 美味しい…美味しい…値段が破格…羽釜のガス炊きご飯も美味しかった。
流石推し飯。ごちそうさまでした。次は二郎に行きたいです。

*1:一日中胃を揉んでた

*2:こんなにも恐ろしい言葉があるか

*3:もう20名だから今回は諦めて出すことした

*4:馬鹿である

*5:人間不信

*6:「え、もう無理」って声出た。

*7:死。

*8:最前が嫌いなオタクなんかいない!!!!

*9:知ってた

*10:泣かなかっただけ偉いと思う。

*11:常にピーク

*12:ちなみに終わった後は興奮しすぎて眠れませんでした。

*13:謎の筋肉痛これのせいだな。

*14:推しは赤澤ムックの女

*15:既知

*16:流されやすい

*17:私の頭の中でBGMは涙のふるさと

*18:いいよいいよ。その陰険な目最高にいいよ。そしてやっぱり自分のこと後輩だと思ってる後輩基質いいよいいよ最高だよ。なお辻本くんには聞こえてなかったかほっとかれてました。同期ちゃん雑な扱いされてるの最高にイイ。

*19:髪の毛吹っ飛んだ

*20:n回目

*21:語彙力0

*22:人間として駄目

*23:n回目

*24:る典