むつごのしょーたいむ観てきました。

10/16(日)Zeppブルーシアター六本木
舞台「おそ松さんon STAGE ~SIX MEN'S SHOW TIME~」マチネを観てきました。

 
メモ
・F6の無駄遣い
・アニメ1話のみ視聴
・ネタバレ不可避
・いざわゆうきはすごいぞ(続)





はい!お・そ・ま・つ・さ・ん!(余談)

正直な話をしようか。数ヶ月前、私には10月の遠征予定がなく「Mさんデートしようよ」って話をしていたのです。そうF6が出るって決まる数日前の話です。阿鼻叫喚のF6発表により戦士と化したMさん。そうです。今回はMさん遠征でした。という事で前日はMさんとのデートに明け暮れていました。楽しかった(写真をほぼ撮らずに美味しいご飯を食べる失態)なんかせっかくなんでアンミラのチェリーパイ置いとく。
f:id:lomo9:20161018111106j:plain
甘い。凄い甘い。欧米凄い甘い。あとコーヒーおかわり自由でいっぱいコーヒー飲んだ


おそ松さんが舞台とは

説明不要のおそ松くんさん(だと思ってる)舞台ストーリー的には

 
いつもと変わらない
6つ子の日常。
それでも彼らにとっては、
毎日がSHOW TIME!?

公式サイトSTORYページ引用

osomatsusan-stage.com


だそうです、さっぱりわからん
まあそもそも後出しでF6出してくる時点で絶対に許さない公式へと格上げされた事だけは忘れずに記していきたい。メモにも書きましたが話題性にぶっ飛んでて1話を見て。F6作画綺麗だなーって眺めた程度。元々アニメに明るくない地域に住んでおり習慣が着かなかった方。多分見始めたら見るんだと思う。


感想

はぁ、井澤勇貴。(感嘆)
全てを凌駕してくる。激しい。もうとりあえず井澤勇貴、特技:視界ジャックって書いておいて欲しい。ママ僕ぶりの井澤ちゃんでしたが…うーん。もう。凄い、スパンコール。凄い。その手が動く度、声を発する度、足が舞台を総べる度彼の周りには星が飛んでた(ひどい頭の悪い感想)私はもれなく井澤勇貴は天才だと呼称する方の人間なんですけど…いやもうね、ぶっちゃけた話扱い酷いじゃないですか今回のF6。誰が暗転要因やねんいい加減にせぇよじゃないですか…?追加キャストに相応しい雑な扱われ方に若干イラッとしましたけどね…?パンダかよ。でもそのパンダがあまりにも素晴らしい場合…人間どうして良いのか分からなくなるのだなと思いました。この人はこんな風にビジュアルとファンサービス要因な扱いを受けて、まだなお輝かれるんだなぁ…一等星かよバカヤロー…。と、真顔で感激してました。たかだか一瞬のシーンのために脱いだり…脚長い
ちなみに個人的高まりポイントはオープニングなんで是非…これからの方やLVの方は是非…最初からクライマックス来てたんで是非…あーーーーもうだめぇええええってなるので是非。オープニングの曲買いました。聞く度幸せな気持ちになれます。
ダンスもとっても綺麗。ピッて止まる所が本当に綺麗。笑顔がハウキュート。いつもより少し高い声に弾む音にキレイな歌声に…幸せってこの人の形をしているのだろう。と思います。扱われ方を遺憾には思いましたが、素晴らしい成果を板の上で上げてくれる彼を本当に羨ましく思います。それ以外に何か必要だろうか…って思い始めること数日。ティッシュ配りも止めどないファンへのサービスも全て、はなまるだ。近場にいらした際にあまりの笑顔でいや、あの、追加料金要りますか…?みたいな気持ちになりました…すごい…かわいい…(語彙力の喪失)終わった後2人で「かわいい」「かわいい」で会話してたんで可愛いは世界を救うのだと痛感しました。ああうん、最高でした。

世界観が独特というかシモネタも元気というか全般的に男の子男の子しててなんかうん。異世界感を感じました。周りの反応でそうか!笑うところか!!みたいなパターンが有ったのではへーと思いつつ。F6の脱獄のくだりと宇宙のくだりとティッシュの高騰のくだりは茶の間でテレビを見ている気分でぼんやり観てました。面白いんだけど…なんだろう…舞台でしなきゃいけなかったものなのかな?みたいな熱意を感じないというか…うーん…。凄くTVサイズな感じがしました。ショートコントが続いていくみたいな。そんな感じ。

村田充さんのイヤミさんとKimeruさんのチビ太程キャストの無駄遣い感の有るものはないなぁと感じました。素晴らしかったですけれども。ハタ坊は黒いところも含めて最高でした。
トト子ちゃんとっても可愛かったです!!!!!トト子ー!!!!玉の輿に乗ってくれー!!!!!!!!!!声が本当に可愛くてスタイルが可愛くて女の子素晴らしい♡ってなってました。倒れる際も躊躇が感じられなくて…酒井さん本当にお可愛らしい…男性キャストに一切引けを取らないパワーが素晴らしかったです。もっと違う場所でも観てみたいなぁと思いました…。

通常松の皆様もとても見目麗しく…北村くんは本当にきれいなお方ですね。(正直井澤ちゃんに見惚れてたら発狂でハタと視線を戻したら尻が出てたと言う状況でした)
F6メンは効果音も相乗効果でキラキラ2割増でしたね…。あ、傘を指して現れる子が傘開ききってなくてぱふん、て閉じた時にお顔まで隠れてしまってソオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオファニーーーーーーーーーーーーーーーーーーって発狂しそうになったので本当にF可愛いしんどい。

全部を通して、欲目も満載かもしれませんが私はもったいない。をたくさん感じた舞台でした。けど、誰がどうではなく、皆本当に与えられた場所で精一杯出来ることをしていて、キラキラしてるように見えました。(主観です。)2.5という枠は良くもあり、悪くも有るのかなと思いますけど、こういう機会が有って新しい可能性なんかを導き出せる子が今後強くなっていくんだと思うと、悪くないのかもしれない…そんな風に感じました。おそ松さんなのにキンブレを振るエンディング。どこもかしこもるひまかよ(ry

あと、終わった後にMさんが本当に幸せそうで…こんな笑顔で舞台を観られる友人は本当にいいなぁ…と感じると同時くらいに「推しを幸せに観られる」と言うのは本来は幸福ではなく当たり前のことなのかもしれないなぁ。と思いました。取捨選択の中で、私たちは「選んで」その場に居るのだから…耐えるってなんかおかしいんですよね。抱えている気持ちや制作への不満、解釈の不一致色々有るにしても(私はちなみに普段は緊張で楽しむどころじゃない)こんな幸せな顔で座席に居てくれる人がファンなこと、私は羨ましく思います。私もいつもつられて笑顔になれます。そんな彼女を笑顔にできる井澤ちゃんは、やっぱり凄いなぁ。と思うのです。会うと常にすばらしいって話でとても気持ちがいいです。ここ最近涙腺を揺るがすのは彼1人なので私も井澤ちゃんの事を素晴らしいと思う人間の1人です。Mさん2日間お世話になりました!井澤ちゃんは可愛い!

なにやら終わりが意味深だったので続編決まっているのかなぁ…なんて、思いつつ。
旬な子たくさん観られて楽しかったです!
おわり~~~