インフルエンザでなきゃ恋

昨日から学び、今日に生き、明日に期待する

戦い続けた日々に寄せて(辻る・る戦上映会)

4/28(日) 日経ホール

『辻るDVD発売だYO!プレミアム上映会イベント』 

『る戦』上映会
・今日は日本で初めて缶ジュースが発売された日だよ!上映会 午後の部
・あと3日で平成がほんとに終わっちゃうよ!上映会 夕方の部

に行ってきました。

メモ
・感想です。



はじめに。

 
胃痛で死ぬかと思った。と何度この数ヶ月口にしただろう。何度呪ったことだろう。それなのに何故私は此処に居るのだろう。朝からぼんやり大手町に佇みながら考えたことは、平成の終わりと無駄に駆け抜けてしまったこの一年のことです。る戦のお知らせが出たのはちょうど一年前の今日。浅草で泣いていた私、お前今度は大手町で泣いてるよ安心しろ。
なんでこんなに走りきっちゃったのかなあって思ってしまった。罪は何処に擦り付ければいいのか。自分だろうなと思う。
 
le-himawari.co.jp
 
le-himawari.co.jp
 
私は推し活しに此処来たんだもん間違ってない。間違ってないもん。
 
 
 
 

辻る上映会。

 

上映

 
最初のお知らせのせいで前半一時間心拍数がおかしくて上映会どころの話じゃなかった。

今さっきDVDにはガガもどりじゃんも入ってないと見知った。(上映会は流れてた)懐かしいなーって思って…その後口から水の記憶全く無くてなんでやろと思ってましたがあれね…みねくん通路に居たね。記憶で保管できるからまあいいか~ってぼやーんとしてますけどそれ目当てに買った人いたら悲しいやつだよね…辻るにどりじゃんダイジェストは入ってないよ~。有る種、上映会では見せてくれたるーちゃんの懐の広さにすごい会社だなあとは思いましたけど。
いやすまんね、なんとも記憶がねぇんだ。
 
 

登壇

 
辻本王子お一人で最初から最後まで。
どうしてこんなシビアなんだ…る・ひまわりくんや…。驚きながらも淡々とこなす辻本さんは相も変わらず辻本さんでございました。ムックさんが全てのフラグを綺麗に回収して作るリーディングの相変わらず美しいこと…恐ろしいこと…。
 


 
上のお知らせが出てから
 
 
下のお知らせが出るまで若干眠れなかったなどと。不安で眠れなかったなどと。本当に、しんど過ぎて、不安で。本当にムックさんで良かったな~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~。って笑ってられる日常をくれて嬉しかったです。ミッチーさんアサシンだし政宗様めご姫愛してるし…なんだろうなあ、すごく人間的な政宗様をる年はくれたなあ、と思いました。
あと、る~ちゃんのリーディング製本が変わったね!!!!表紙ついててびっくりした。る~ちゃんが製本を覚えた。すごい。偉い。バインダーじゃない。
 
 

その他。

 
辻本王子「皆DVD買った?嶺の気持ち悪いすっぴんが映ってるよ☆いないところで悪口言っちゃった…!」
ってきゃぴきゃぴしてたのを見て、辻本くんはみねくんに容赦ないなあ好きだな。と思いました。優しさの塊みたいな人なのにみねくんに全く容赦なくオタクにリップサービスキメてくれるの…本当に…同期の絆たるやですね…あの二人の感じすげぇ好きなんだよね…愛おしかった…。
 
ひょっこりヒョンさんが出てきてぐっしゃぐしゃにポケットに入れてあったお手紙引っ張り出してきて「言うなよ」アナウンスしてるのもあまりにも仕込み過ぎて「るひま軽率に滝口くんを過酷労働させるんじゃねぇ」などと思いました。でも辻本くん心細そうにしてたのがにぱーって嬉しそうに笑ってくれてたのでたっきーさん来てくれてありがとう。
 
 
Q「もう一度やるなら」 顕如!グソクちゃん!」「近い役どころに思い入れがあるから」だそうです。
 
 
 

る戦午後。

 

上映

 
映像見たらなんとかなるかなと思ってた私もいました。
私からは以上です。


登壇

 
W主演がマシュマロよりふわっふわしててビビった。
周りのお兄ちゃん連中が完全に戸惑ってたの少し可哀想になりましたがね!!!!!!
 


 
 

「宇佐美の恋」

 
私はあんなに足がぱぁ開けて斜めに台本持ってリーディングする男の子を初めてみました。(感想)
 
 

「月見酒~晴信が頼重を斬った夜」

 
倫理観。

晴信様にお酒飲ませちゃう板垣は解釈違いなんでごめん。
 
 

他諸々

 
・誕生日祝ってもらえずラインしたらW主演が二人でご飯食べてることに未だに憤る中村龍介(髪の毛を頑張って立てたため帽子に髪の毛が収まらない事件。)
・W主演ふわっふわ過ぎて思わず立ち上がってしまった滝口幸広(まじで仕事に真面目過ぎて途方に暮れた事件)
・内藤大希がドエム
・佐奈宏紀、「愛がない」 by滝口さん
 
などでお送りされました。
 
 
全部が終わった後外出て物販買うか~って通路動いてたら滝口さんひょっこり顔出してきて「帰んな」などと言われる。そして遠足が発表されました。
 


 
LOOSER大阪被っとるがね!!!!!!!!!!!!!!!!!!!と家帰ってきてから気付いた。あと物販買ってよろよろしてたら滝口さんがお帰りになった。お仕事お疲れ様でした。更にぼんやりしてたら龍くんとやかわさんも帰っていった。

関係者出入り口とかそんなもんない。
 
 
 

る戦夕方。

 

登壇

 
ご機嫌の村上ちゃんがぱたぱた出てきたので割ともうどうでもよくなりました。村上ちゃん今日も絶世の美少年だったね。村上ちゃんの格好してるとめちゃめちゃみねくんが若く見える。入れ替えリーディングの映像見てる時など顕如さまと村上ちゃんが普通に仲良く喋ってて脳みそがイレギュラーにクエスチョンマーク出しまくってた。いやぁ…同期ちゃん…(本日二度目)ってなりました。いや…ほんと…可愛いね…可愛い。
甘利と板垣やるみねくんと辻本くんがあまりにもよろしかった…よろしかった…すごくよろしかった…語彙力は家出をした。
 
 

顕如と村上ちゃん」

 
これ書きたかったんだろうね。って思った。
ごりんごりんに美化され続ける村上ちゃん。短刀※初出典。
俗世を、人間を嫌いながら疎みながら蔑みながら踊らされているのは顕如さまの方で、分かっていながら利用された悲劇のヒーローなんだよね村上ちゃん…綺麗に書きたかったんだよね…質量が重い感じ…化けて出るタイプの木ノ本さん。御本人はさっき成仏して欲しいってブログ書いてたよ見てね。
 
ameblo.jp
 
分かるんだけど…釈然としなかったな…と言うのが本音です。
村上ちゃんの奥さんはお家で惨殺を。死のうかとも考えた。でも生きてるお前に会いたかった。村上ちゃんの帰る家を守ってくれた妻に会いたかった。家に帰ってきた村上ちゃんは骸を抱きしめ握られた指を解いて血の着いてない短刀を自分で汚そうと思った。そして顕如様は秘術で1000人斬れば奥方は蘇ると思った。切っても切っても遠ざかっていく妻。

だから短刀何処に有った?!?!
 
好きなものは言質、嫌いなものは矛盾と渋滞!!!!!!!!!!!!!私!!!!!!!!!!!

あまりの二人の演技力の高さに絆されそうになっちゃったけどいや…いやぁ…嘘じゃん…ぽんかすの私には?ってなるような話じゃどうなのじゃん…。目眩した。とことん相性が悪い。最後、二度と現れることの無かった村上ちゃん。で、顕如さまはどうしたかったの…。美談を作るのは勝手だけどなんだろうこの…浮かばれない感じ…と思いました。護摩焚くんだ顕如様。桓武ちゃんと仲良くなれそうだよね。
 
 

「勘助と光幸」

 
生 き と っ た ん ? !って誰しも思ったでしょう。そして結局あの嬉しそうな声の「兄上」に繋がる話ではなかった。

あの本編最後の笑顔は何。
 
駄目だ胃が軋む。いっそ殺してくれ。
終わったあと佐奈ちゃんがぎゅって内藤くんを抱きしめてたのを見て主演ちゃんの絆あまりにも尊いなと思いました。見てるお兄ちゃんsが可愛すぎた…。
 
 

キツツキションを踊る。

 
スーパー加藤啓リスペクト木ノ本タイム。
 
あまりにも楽しそうに踊ってるものだからもう本当にどうでも良くなりました。君の笑顔はこの世の宝だ。辻本くんも嬉しそうにギザギザハートダンスと言うかドリフダンスしてて…心の底から天国だと思った。
 
 

「勘助と晴信」

 
綺麗にまとめてきたね。綺麗だったね。
リーディングで初めて安心して最後まで聞いてられたね。ホッとしました。
 
 
 

その他。

木ノ本さん、それは板垣さんに言って。
 
佐奈ちゃんの最後の言葉を上手く文字に表せない。彼は晴信じゃないけど晴信で、現代の平和な世を見て嬉しいと思う感情を持ってしまうと仰っていた。うーん…そうだよねぇ…そうだね…って。
佐奈ちゃんも内藤くんも、ずっと真っ直ぐに主演という看板に立ち向かって居てくれたなと思った。其処に不誠実さなんか感じたことは一度もなかった。だからこそノイズだなぁとか、損な事してるなあとか思うことも多かった。人としての見られ方は難しいなと思った。こんなに心苦しい演目、二度と出会えないだろうなと思う日々が終わった。
 
辻本くんは丸一日お疲れ様過ぎたから美味しいものを食べてゆっくりして欲しいと心から祈りました。
 
 

上映

 
うん。おつかれー。
 
 
 
 
  

総括

 
やっぱりどうしようもないくらいる~ちゃんが好きでした。
これは変わりようのない事実。創るもの、発信するものをずっと信じていたいしファンで居たい。愛しのブラック企業的制作を、心の底から愛おしいと思っています。だからこそこの一年の拒否反応のしんどさったら無かったなって。拒否する脳すら塞ぎたいって思ってたのでなんとも、ままならん。

上映見て、やっぱ意味分かんねーな。ってなっちゃったからやっぱポンコツなんかもしれん。アンテナは上手く張れなかったかもしれない。
色んな思いをした。る年で辛酸を嘗めたリベンジを果たしたり、これだけはどうしてもって思うことを成せたり。したいことを好きなようにさせてもらってた。随分と甘やかされていた気もする。めちゃめちゃ恵まれてたと思う。ありがとう2018年。今年も是非発揮されてくれ。DVDが出て、気持ちを落ち着けたいです。終わらせたいが一番正しい感情かもしれません。こんな思いはもうしたくない、と思う自分と同じくらい次に期待してる自分もいるから人間は学習しないんだな~って感じですね。わはは。たくさん走ったなあと後ろを振り向きながら、また開けた道を走るんだなあとも思う。人は変われないものですよ、中々ね。

正しい、って何かをずっと私も考えた。
何者にもなれぬ何者かじゃ、駄目なんだな。そうだなあ。

我が愛しのる・ひまわり様、今年も一年ありがとうございました。
令和もどうか愛おしい日々の糧を作って下さい。
るーちゃんが大好きです。









あけましておめでとうございま~~~~~す


今年も明治座で~~~~~~~~す


\推しをどうぞよろしく~~~~~~~~~/
 
ちょっと早い誕生日プレゼントでぶん殴られて幸せでした。平成の終わり、良いプレゼントでした。





これは帰り道ふらふら歩いてたら辿り着いた東京駅。綺麗だったなあ。





追伸:るひまさま、ブログは更新して下さい。