読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インフルエンザでなきゃ恋

常に斜め上を行く自分を想定しながら斜め下に行く闇

クラブ龍【久々編】にいってきました。

この…記事の5~6割は「可愛い」という言葉で構成されます。
 
メモ
・大体のふあ~~~っとした流れとかい摘んだ内容
・感想の記録ですので詳しいレポは是非他で






旅に出た理由と詳細

 
去る4/28(木)午後10時、私の人生史上最もハードな三連休の幕が開けました。
いつもは夜行バスでほいほいほーいと遠征しておりますが今回はいろんな時間の都合が有り、車での移動と相成りました。往復運転は私です!イェス夜なべ運転!!!!!!!!!!
そんなこんなで29日(金祝)朝方東京到着。うっすら寝て、美容室に張り切って行ってから有楽町に向かいました。
今回そう言えば何故クラブ龍に旅だったかというと。Yちゃん(龍くん推し)に「もし今度クラブ龍会ったら連れて行ってけれ~~」とここ1年ほど喚いていたのでした。ということで2年ぶりに開催のクラブ龍。見事叶い連れて行ってもらうことに成功しました。
まーったく余談ですが今までは推し以外のファンイベに行くとなんとなく後ろめたさを感じてしまっていて、行けなくて…。でも、友達の推しなら!!!いいだろ!!!!
行きたい!!龍くんみたい!!!って感じで1人悶々としてました。 しかし謝る必要ないのに自然と謝ってたので後ろめたさは有ったんだろうね。
駅でYちゃんと合流しご飯食べて(験担ぎ兼ねてSUSHIタベマシタヨー)有楽町をウロウロしてロフトでガチャポンしたりして遊びまわってから集合時間も近くなったのでイベント会場行きました。

クラブ龍始まるよ

着くと女子、そして女子、それから女子。女子だー!!イベントだー!!!こういうの知ってるー!!!!!
俳優のイベントだー!!!!!!!!!!!!残念ながら推しのイベントにしか数年行ったことがなかったせいでいつもと違う客層に感動する。
会場はカラ館。YES!久々に来たよカラ館!!諸々の詳細公開前は「カラオケのパーティールームだったらどうしようか~~」みたいな感じで盛り上がっておりましたが実際カラ館って分かると( ^ω^)おっ!でしたね。お寿司よろしくきゅっきゅと収まりました。まあまあ入り口がゴタゴタする波乱の幕開けを感じつつ「何も起こらないといいな…」と静かにお祈りする。まあ実際色々有りましたが私はウルトラスーパー楽しかったのでそういう体で進みますよろしくお願いします。番号が30番代だったのでひょろろろーっと会場に足を踏み入れて見えそうな場所に2人で着席。しばしご歓談って感じで埋まっていくのを見守りつつポテトをあぐあぐ食んでました。

開演ちょっと押してまだかなまだかな…とそわそわしてたら突如キッチン側のドアが開き龍くんが登場されました。

一発目の感想「龍くん生きてる」

いや、思い返せば武士ロックで見てるしなんならハッピーターンキャッチしたしのぶニャがでもるフェアでもその他諸々見てはいたものの中村龍介として存在する龍くんには初めて出会ったわけですので。

初めまして龍くん!!!!!!!!!!!

という気持ちでぴょこぴょこしてる龍くんを見つめておりました。初めて比較的間近で見る龍くんはきょときょとしてました。可愛い。ちっちゃいメモを持ってまさかのMCさん無し。直ぐ側の業界人だ!!!!って感じのマネさんとお二人でゆるゆる進行しますとのこと。

龍くん…どこまであなたは…と思ってると突然龍くんが言いました。

「会場明るくない?」

うん。明るい。皆龍くんのお顔見たいんだよ!!!!!!!そんな事を言えるはずもなく(凄く龍くんが楽しそうで可愛くて)皆さん龍くんがお気に入りの照明を見つけるまで愛護団体よろしく静かに龍くんを見守っていらっしゃいました。後に喋るとぴっかぴかに光る電飾マックスで暗めな照明になりました。ご機嫌でこれで!これで!ってする龍くんを

うん、可愛い。

もうなんでも可愛い。

龍くん可愛い。

って見守る事と相成りました。にこにこ喋ってゲストは呼ばないよーって趣旨を伝えられもうそこにいてくれるだけで来た価値があるのに喋ってくれるの…?ってテンションになったころ

「誰か呼ぶ?」

とにこにこしながらおめめに楽しそうな色が浮いてらっしゃいました。巧妙なお電話コント(ry)の後来られるってーとのことで誰だろうねーと笑っておったら突然キッチンから(普通のドア有るんだよ!!!)井澤(勇貴)ちゃんが出て来ました。

(その時私は別の友達の安否(生死)を確認していた。)

(死んでた。)

ここからずっと仲良しトークのターン。


井澤ちゃんゲスト時の龍くんは…龍くんのとても優しい、良いところであり、今回少し色々有った原因でも有るんだろうなっていう他人を気遣い過ぎる様なところが全面に出ていたなと思います。

うんとね

龍くんもっと喋っていいよおおおおおおおおおおお!!!!!!

仲良しなのも兄弟なのも一緒のお墓に入るのももう分かったからあ(要約)(語弊)(大体あってる)幸せなような、複雑なような気持ちになりつつも幸せそうに喋る龍くんと井澤ちゃんを見守る事しか!!!我出来ず!!!!皆出来ず!!!!!!!!!!!!!!素直なところで言うと龍くんのお話をもっと聞きたかった気持ちもあり久々編だけ見られた方は、もしかすると物足りなかった方も多かったんじゃないかなぁ…とも思いました。とは言えほぼほぼ1年一緒に居た井澤ちゃんとの質問用紙を踏まえたトークには2人のこの1年がぎゅっと詰まっていて、それでいて取り巻く色々なことを2人のレンズを通して話が聞けて凄く感慨深いものがありました。
 
個人的にすっごい可愛かったのは

井「僕のお兄ちゃんなんですよ」
龍「俺弟いっぱいおるもん」
井(恐ろしく寂しそうな顔)
龍「…まあ、くだらないラインを送れるのはこいつだけ」
井(ぱぁあああああああ)
 
みたいな、漫画かよ。みたいなところでしたけど。兄弟可愛いが過ぎる…。
 
 
本当にお二人はこの1年ずっと一緒に居られたのね…。ってしみじみ思っておりました。あとお客様の飲み物オーダー取ってくださったりしててこれ何のイベントだっけ…?って何度かなりました。お手元にドリンク運んだり発注かけたりする2人に凄くホストみを感じつつ…寿司郎と光星たや実在しとったわ…と我関せずポッキー食んでました。
  
あれ?これ二人のイベントだっけ…?
 
そしてコーヒーゼリーパフェ?をじゃんけんの勝者に振る舞いビューティープラスでブレたツーショを我々の目前で撮り井澤ちゃんはキッチンへと退出されました。

だから何故キッチン。そこキッチン。

そして、何度も(始まった時も、終わる前も)遅れたり対応~と龍くんは丁寧に陳謝されていました。開演時間が押したこととかその他諸々とか。素敵な真摯な人だよなぁ。と何度も感じました。繊細過ぎて折れるのでは…と思いつつ、穏やかに終わればいいなと思ったりしたものでした。
そしてチェキのためのお色直し…じゃないお化粧直し(全然しとらんって笑ってたけど)に龍くんは一旦退席。マネさんのお声がけありつつ全体の席はここで終了。

そしておまちかねツーショットさーつーえーいーだーd=d(^o^)b=b
 
今回の目標は「龍くんに可愛いって言ってくる」だったもので。進む順番にそわそわしつつわーいわーい言いながら龍くんと初めましてをしてきました。開口一番可愛いってお伝えしたら微笑まれました。
龍くんご本人は「31っすよ?なかなか言われない」との事でした。可愛いものは可愛い。(マネさんに龍くん可愛いですねって言ったら首かしげられました。なんで)6回位可愛いって笑ったら龍くんも笑ってました。可愛い。

ポーズ指定ハートにして手がつかなければいいやー♥と思ってたら「もっとくっつけていいですよ」と龍くんから歩み寄ってくださる始末。良いです良いですとえへえへしてたら割と強めで龍くんの手がぶつかってきてくれてっょぃ。を感じつつがっつりこれは「LOVE」なハート作ってきました。
 
推しちゃんイベではがっつり参加者の目の前でチェキを撮られる羞恥プレイに直面しているため廊下とはいえ配慮していただけてとんでもなく優しさを感じました。

「ありがとうございましたー!龍くんかわいい!」って最後まで基本姿勢を崩さぬまま終了。チェキには間抜けそうな私と美人な龍くんが収まっていました。半分に切りたい、今すぐに。もう、今すぐ半分に切って誰か美人と合成したい。そっと推しのチェキを取り出しましたが同じ側でした!!!ジーザス!!

様々な気持ちはありましたが諸々全て色々、龍くんは素敵だ。という感想を持って久々編全工程を終えました(*´ω`)=3 ムッフー

さて、我々2人は久々編2にも参加するため一旦外出て体勢を立て直しに行きましたとさ~~~。
 
 
 
続く~~~~~